Care Nursing
新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>
\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>

今、介護が社会問題となっています

介護サービスの種類

介護サービスの種類

介護保険のサービスにはたくさんの種類があり、上手に利用することで本人の身体能力を維持したり、家族の負担を軽減することが出来ます。
介護量が多い、介助できる家族がいないなど在宅での介助が難しいときに利用するのが入所サービスです。
利用できる施設には老人保健施設と老人福祉施設があり、生活リハビリを行ったり、ケアワーカーによる日常生活の介助を受けながら生活を送ることが出来ます。
在宅生活を送っている高齢者が施設に通い、食事や入浴、機能訓練などを行なうのが通所サービスです。
体が不自由な高齢者が社会参加することができ、他者とコミュニケーションをとったり、運動することで身体機能や認知機能を維持することが出来ます。
また、家族の負担を軽減することにもつながります。
ケアワーカーが自宅に訪問し、家事援助や食事介助をおこなってくれるのが訪問介護です。
1人暮らしの高齢者や高齢者のみの夫婦が利用することが多く、安否確認にもつながります。

介護サービスの必要性

公的機関の調査によると、平均的な介護期間は4年11カ月とされています。
日本人の平均寿命は世界でトップであり、医療技術の進歩等から今後も延びることが予想され、介護サービスの必要性はますます高まるでしょう。
日本では、かねてから老親の身の回りの世話を自宅ですることが美徳のような風潮がありました。
しかし、社会情勢からかんがみて、このことはたいへん難しくなってきています。
働きながら自宅で親の面倒を見ることで、家族が共倒れになるケースも散見し、大きな社会問題となっています。
介護はいつ自分の身に起こるか予想がつきませんが、多くの方にとって身近な問題です。
どのようなサービスがあって、どのように利用できるのかなど、早め早めに考えておくことは良いことです。
行政で受けることができるサービス、介護保険でどれだけ補助が受けられるのか、また民間で受けられるサービスと費用のことなど、事前にリサーチしておくと、いざという時の不安を減らすことができます。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.